Goolge 広告(旧 adwords)の認定資格!試験後の確実な復習方法とは

インターネット広告用語は、CVR,CTRなど普段の生活で見慣れない言葉ばかりで、勉強するのは大変ですよね。

大変な思いをするくらいなら、せめて学習の「証」を残せる「Goolge 広告(旧 adwords)の認定資格」の取得がオススメです。

 

Goolge 広告(旧 adwords)の認定資格は、オンライン上で無料で受験できます!

合格すれば、名刺や履歴書にも資格をとったことを記載できるので、転職や仕事の案件を取るのに有利です

 

しかし、試験を受けた後、間違った場所がわかりません。

「なにが正しい答えなのか」モヤモヤすることが多々あるかと思います。

この記事では、学習方法、試験受けた後の答えの調査方法を解説します。

 

Goolge 広告(旧 adwords)の認定資格とは

Goolge 広告(旧 adwords)の認定資格は、Google広告に関する知識を問うものになっています。

受験できる Google 広告の認定資格理解度テストは以下の通りになっています。

 

■Google 広告の基礎

出題範囲には、オンライン広告掲載や Google 広告の利点をはじめ、Google 広告のキャンペーンの管理や最適化に関する効果的な設定方法などが含まれ、基礎と中級レベルの知識が試されます。

 

■検索広告

出題範囲には、検索ネットワークで配信する検索広告キャンペーンの作成、管理、測定、最適化に関する効果的な設定方法などが含まれ、基礎と高度な知識が試されます。

 

■ディスプレイ広告出題範囲には、ディスプレイ キャンペーンの作成、管理、測定、最適化に関する効果的な設定方法などが含まれ、高度な知識が試されます。

 

■モバイル広告

出題範囲には、広告のフォーマット、単価設定、ターゲティング、キャンペーンの測定や最適化などが含まれ、モバイル広告の基礎と高度な知識が試されます。

 

■動画広告

出題範囲には、YouTube やウェブに配信する動画広告キャンペーンの作成、管理、測定、最適化に関する効果的な設定方法などが含まれ、基礎と高度な知識が試されます

 

■ショッピング広告

出題範囲には、Merchant Center アカウントと商品データフィードの作成、ショッピング キャンペーンの作成と管理などが含まれ、基礎と高度な知識が試されます。

 

出典

https://support.google.com/google-ads/answer/9029201?hl=ja

 

まずは、「Google 広告の基礎」に合格します。

その後、「Google 広告の基礎」以外のテストに合格して認定資格を得ることができます。

 

勉強方法

いきなり試験を受けても試験に合格しないことがほとんどです。まずは、「Academy for Ads」内の学習サイトで知識をつけます。

 

「Academy for Ads」内の学習サイト

「Academy for Ads」内に、学習サイトがあり、科目ごとに勉強ができます。まずは、学習サイト(学習ガイド)に書いてある内容をみて知識をつけていきます。

 

資格講座に参加する

・Googleでは不定期だが、資格講座を開催しています。資格講座にいけば、試験に出るところを効率的に勉強ができるのでオススメです。

 

試験を受ける

十分な知識をつけたら試験を受けます。

さて、ここで問題になってくるのが、「Google 広告の基礎」以外、試験が終わった後、得点しか出てこないことです。その結果、ドコが間違っているのか、わからないので復習ができません。

 

あとで復習できるように、分からなかった問題があったら、

以下の情報を控えておきます。

 

・問題文

・全ての選択肢

・自分が選んだ回答

 

私の場合は、エクセルで問題文など控えておきましたが、あとで見直すにとても便利です。

 

答え合わせ(復習方法)

その1・本家サイトのヘルプを見る

Google 本家サイトのヘルプには、試験の回答のヒントになる情報がたくさんあります。

試験中にわからない語句が出てきたら、その語句についてブラウザーなどで検索をかければ、大体、本家サイトのヘルプにたどり着けます。

 

ひとつひとつ答えを確認するのは、大変ですが、正しい知識をつけるのに一番確実な方法です。

 

その2・答えを公開しているサイトを見る

Goolge 広告(旧 adwords)の認定資格試験は、数年前からあるため、すでに受けた人が答えを公開(以下、答えサイトと記載する)してくれています。それを使って答え合わせをしても良いですが、注意が必要です。

なぜならば、答えサイトの「答え」が間違っていることが多いからです。

 

私の場合、答えのサイトにあるものをそのまま覚えて試験を受けたら8割未満で不合格になってしまいました。

 

答えサイトを使う場合のポイントは

 

複数の答えサイトと回答を比較する

1つの答えサイトの情報だけだと、回答が本当に合っているのかどうか分かりません。2割の確率で間違っていると考えます。よって、2,3コほどサイトの回答を比較し、全て同じ回答(同じ選択肢)だったら、正解としても良いかもしれません。

ただし、「答えサイトの情報」は、2次情報にあたるため、より正確な答えを知るために、本家のhelp情報も確認することを強く勧めます。

 

答えサイトの例

Google広告学園┃就職や転職に有利な資格Google広告認定

Google 公認の認定資格

 

本家との情報も確認すること

答えサイトの中には、回答と共に根拠となる、本家サイトへのリンクが張られていることがあります。間違えがないか、本家サイトと情報を比較します。

 

まとめ

Goolge 広告(旧 adwords)の認定資格は、無料で受けることでき、かつ、履歴書に書くことができる資格でもあるので大変オススメです。

ただし、答え合わせは楽しようとすると(答えサイトだけを信用すること)、正しい知識をつけることができないため注意が必要です。

 

\IT未経験者からのサポートあり!転職サービス3選!!/

サービス名
未経験 未経験OK 未経験の転職専用 経験者向け
公開の求人数 ITエンジニア全体で1万件以上
ITエンジニア未経験で600件以上
未公開 5,000件以上
利用対象 全職種 IT特化 IT特化
特徴 ✓誰もが知る転職サービス
✓経歴を登録しておくとオファーが来る
✓企業担当者と条件交渉
✓スキルの身につく企業を紹介
✓IT専門のエージェントが対応
✓転職成功すると年収200万円以上の大幅アップがある
転職サポート内容
  • 求人検索
  • 企業担当者と交渉
  • 求人紹介
  • ライフプランのサポート
  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 提出書類の添削
  • 面接対策
公式サイト リクナビネクスト テックゲート レバテックキャリア
最新情報をチェックしよう!
>プログラミングスクール検索・比較表サイト

プログラミングスクール検索・比較表サイト

ワンクリック、さらに詳細に条件を指定してプログラミングスクールの検索ができます。さらに比較表により特徴を細かく比較できる!

CTR IMG