【未経験でエンジニア転職】ヒューマンアカデミーでPythonを学ぶと未経験からエンジニアに転職できるの?採用担当をしている現役エンジニアが解説します

  1. ヒューマンアカデミーでPythonを学ぶとなぜ未経験からエンジニアに転職できるの?
  2. 一方で転職できない人はどんな人?
  3. ヒューマンアカデミーに行かないと転職は難しいの?
  4. ヒューマンアカデミーは、他のスクールのように年齢制限があるの?

そんな疑問に採用担当に携わっている現役のエンジニアが回答します。

結論から言うと、ヒューマンアカデミーのプログラミングコースの受講生の90%以上が転職に成功しています。よって、ヒューマンアカデミーでPythonを一生懸命学べば転職に成功しやすい環境と言えます。

\本当に転職できるか確かめてみよう!/

 

コロナの影響で、飲食系の仕事がなくなりつつなっているので不安だ。

今、営業職だから、将来のために手に職をつけたい。

だからこそ、市場価値があるITエンジニアになりたいな・・・。

そんな方にオススメの記事になっています。

なぜヒューマンアカデミーでPythonを学ぶと転職しやすいの?

ヒューマンアカデミーでPythonを学ぶと転職しやすい理由は以下の通りです

  1. 講師が元現場のエンジニアでプロジェクトリーダー
  2. 講義だけで無く実践型のアプリ開発がある
  3. 提携企業による合同説明会などの転職支援がある
  4. アシスタントに質問できることによりモチベーションの維持ができる
  5. オンラインで外出せずに受講できる

ヒューマンアカデミーでPythonを学ぶと本当に転職できるの?

はい、現時点では、全ての学習が完了した90%以上の人が転職に成功しているようです。

出典:ヒューマンアカデミーの公式サイトより

なぜ90%の人が転職に成功しているのか述べていきます。

講師が元現場のエンジニアでプロジェクトリーダー

ヒューマンアカデミーのPythonプログラミングの講師は、以下の経歴を持った人です。

  1. 子供向けのプログラミング教室を主宰している。
  2. 高等学校にてプログラミング特別授業を教えている。
  3. エンジニアとしてプロジェクトリーダーとして経験しているので現場をよく知っている

プログラミングを子供達に教える、さらに、現場経験もあるため安心して受講できるといえます。

誰でも授業についていけるの?

授業について行けるか不安

そんなすごい人が講師だと、かえって講義について行けるか不安だよ。

大丈夫です。

Python講座は、オンライン映像による講義のため、自分のペースで学ぶことができます。

もし、わからなくなってしまっても、講義を何度も見直したり、アシスタントに質問することで解消することができます。

ただし、自分のペースで学べると言うことは、サボることもできてしまうため、サボりそうになったら、アシスタントに質問するなどしてモチベーションを回復させることが必要です。

講義だけで無く実践型のアプリ開発がある

本や動画サイトでの勉強だと、見ているだけで自分で手を動かそうとしません(筆者も経験済み)。

ヒューマンアカデミーのPython講座では強制的に手を動かす環境があるため、自分で

「手を動かして」アプリを作る必要が出てきます。

ヒューマンアカデミーでは、以下のようなアプリを開発します。

出典:ヒューマンアカデミーの公式サイトより

その結果、実践的なアプリ開発ができます。

\自分でアプリを作ってみよう/

注意!課題をそのままポートフォリオにしてはダメ!

課題の中でアプリ開発ができるので、課題で作ったものをそのままポートフォリオにしようとしてしまいます。

少し前までは、それでも良かったのですが、採用担当から見ると・・・

企業の採用担当

また、同じようなポートフォリオだ。
それだったら、オリジナルのポートフォリオを作ってきた人だけ書類選考を通過させよう

となってしまいます。

よって、転職活動するときは、課題ではなく、自分オリジナルのポートフォリオを作ることをオススメします。

具体的にどのようなポートフォリオが良いのかについては、別の機会に述べようと思います。

提携企業による合同説明会などの転職支援がある

ヒューマンアカデミーの転職支援では以下のようなことをしてくれます

  1. 全国の求人の紹介
  2. 履歴書の添削
  3. 面接対策の指導
  4. 合同説明会
  5. キャリアアップセミナー開催

エンジニアの転職は、経験者の方が採用されやすい傾向にあり、未経験の状態だとエンジニア職に入るのが難しいのが現状です。

ヒューマンアカデミーは、115社以上の企業と提携をしており、未経験でも採用OKの会社を紹介してくれます。

その結果、自分1人で転職先を探すよりも、楽に選べるようになります。

さらに、履歴書などのサポートもしてくれるので、内定を取りやすくなります。

\本当に転職できるか確かめてみよう!/

アシスタントに質問できることによりモチベーションの維持ができる

Pythonを初めて学ぶとき、自分のPCに開発環境をインストールしたり、Pythonのライブラリーを入れるとき、多発するエラーにより、わからないことがたくさんでてきて挫折しやすいです。

わからないところが出てきたら、アシスタントに質問することで解消させることができます。

質問は以下の方法で可能です

  1. オンラインでアシスタントに質問する
  2. 教室に行って対面でアシスタントに質問する

わからないところを解消する環境があるため、モチベーションの維持をしやすいといえます。

オンラインで外出せずに受講できる

コロナの影響により外に出るのが怖い方も多いかと思います。

ヒューマンアカデミーでは、オンラインで講義、アシスタントへの質問ができるため、家に居ても学習を進めることができます。

また、田舎に住んでいて近くに教室が無くても授業が受けられるところが良いです。

90%の転職成功率ということは勉強が大変なのでは?

プログラミングは、これまでやったことがない人にとっては、新しい挑戦なので勉強は大変かと思います。

講義だけでも150分×24回分なので、60時間分あります。

さらに課題(手を動かしてアプリ開発)があります。

学習時間は、他のスクールだと、課題など含めて300時間~600時間の場合が多いので、ここでは、学習時間を300時間(講義の60時間含む)を目安にします。

Pythonコースは、半年間のコースになりますが、1日に2時間勉強できれば約5ヶ月ほどで勉強を終わらせることができる計算になります。

勉強はたしかに大変ですが、エンジニアになることができれば、市場価値が高くなるため仕事がすぐに無くなることは少なくなります。

逆にヒューマンアカデミーに行っても転職できない人はどんな人?

転職率90%ということは、10%は転職ができていないことになります。

転職にどのような理由で失敗してしまうのか、エンジニア採用担当をしている立場から述べていきます

疑問を自分から解消しない

わからないところがあってもそのままにしてしまう。

その結果、講義について行けなくなり、アプリも作り出せなくなってしまう。

わからないところがでてきたら、すぐにでも解消させるようにします。

サボってしまう

完全にサボってしまうケース。

自分のペースで進められると言うことは、サボることもできてしまうと言うことです。受講期間が6ヶ月間と決まっているので、そこまでに終わらせる必要があります。

やりたいことが明確では無い

採用担当として、書類審査しているとたまに「この人何をしたいんだろう?なぜエンジニアになりたいの?」と行ったものを見かけます。

動機が不明確だと、面接に進めたとしても自信をもって回答できないため内定がとれない原因になってしまいます。

よって、以下のような明確な動機が必要と言えます。

  1. いま携わっている業務を自動化させて効率を上げたい
  2. ゲーム開発者になって世の中に面白いゲームを提供したい

自分がやりたいことと企業の事業内容が不一致

採用していて良くあるのが、会社の方針と求職者とのやりたいことの不一致。例を挙げると以下のようなものです。

会社・・・ゲーム開発をする

求職者・・・農業のIT化を進めたい。

やりたいことが不一致していたら

「すぐに辞めそうだな」と採用担当からしたら不安になるものです。

ヒューマンアカデミーに行かないと転職は難しいの?独学は難しいの?

結論、ヒューマンアカデミーなどのプログラミングスクールに行かなくても転職は可能です。

スキルについてもPythonの基礎ならば自分で本を買ったり、Youtubeで学ぶことも可能です。

ただし、独学だと90%の人が挫折すると言います。

私も以下のような体験で挫折したことがあります。

  1. PCに開発環境を入れようとしたらエラーだらけでわからなくなり挫折
  2. 英語のエラー文の意味がわからず挫折
  3. C言語のポインターが理解できず挫折

スキルを身に付けることができたとしても、

転職エージェントやサイトを使って転職活動するにも、未経験者でも受け入れている会社を見つけるのはひと苦労です。

ITエンジニアの業界は、年齢が上がるにつれて、経験者を求めるため、できるだけ早くエンジニア職に就くという意味ではスクールに通う方が良いと言えます。

\まずは確かめてみよう!/

他のスクールのように年齢制限があるの?

転職を前提としたスクールでは、「講座を受けられるのは32歳以下まで」といったような年齢による制限があることが多いです。

その理由は、「転職保証」と呼ばれる制度があり、転職できなかったら、払ったお金を全額返金するためです。

ただし、転職保証が適用されるには、すべてのカリキュラムを完了する、企業をたくさん受けまくった人などの厳しい条件があるようです。

ヒューマンアカデミーでは、「転職できなかったら、払ったお金を全額返金」という制度が無いですが、年齢制限なく受講できるものになっています

まとめ

以上の結果から、エンジニアへの転職は消して楽ではありません。

しかし、ヒューマンアカデミーでpythonを学べば、独学に比べると楽に転職活動はしやすいと思います。

ヒューマンアカデミーの無料説明会、資料請求はこちらから!

\無料説明会実施中!/

 

スポンサーリンク
PR




PR




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR