【3分で解決】matplotlib(Python)の日本語の文字化けをフォントを指定して解決!

Pythonのライブラリーであるmatplotlibを使ってグラフに日本語のラベルを設定しようとしたら、文字化けが発生した。

■文字化けが発生しているグラフ

英文字部分は、文字化けしていないが日本語の部分が□で表示されてしまっている。

原因は日本語に対応していないフォントだった

matplotlibのデフォルトのフォントが日本語に対応していないため。

フォントに日本語のデータが無かったために□で表示されてしまっていたようです。

解決方法はFontPropertiesを使うこと

matplotlibの「FontProperties」を使って、日本語対応しているフォントを指定する。

手順は、以下の通り。

日本語のフォントをダウンロードする

IPAフォントのサイトに行き、日本語フォントをダウンロードします。

IPAフォントのサイト

ダウンロード場所は、PCの任意のディレクトリでよいです。

フォントを読み込む

Pythonのコードにフォントを読み込む処理を

以下のようなコードを書いて、実装します。

from matplotlib.font_manager import FontProperties
font_path = '/Users/dokoka/ipamp.ttf' #任意のディレクトリを指定する
font_prop = FontProperties(fname=font_path)

コードの全体像は以下の通り

#グラフに日本語を表示する

%matplotlib inline

import matplotlib.pyplot as plt
from matplotlib.font_manager import FontProperties
from numpy.random import *


#日本語が使えるフォントの場所を指定する
#DLしたパスを指定. /font以下でなくても良い
font_path = '/Users/dokoka/ipamp.ttf'
font_prop = FontProperties(fname=font_path)



#散布図を書く
x_data = normal(50,10, size = 10)   # 平均50、標準偏差10の正規分布
y_data = normal(100,2, size = 10)   # 平均100、標準偏差10の正規分布

plt.title("タイトル", fontproperties=font_prop)
plt.scatter(x_data,y_data )
plt.xlabel("ラベル-X", fontproperties=font_prop)

その結果、無事に日本語が表示されました!

評判も見えるPGスクール検索・比較表

どのプログラミングスクールがいいんだろう?
そんな疑問をお持ちの方に、評判も見えるプログラミングスクール検索・一括比較サービスをリリースしました。

条件を指定することにより、気になるプログラミングスクールを一発で比較できます。
きっと、条件にあったスクールが見つかるかと思います!
詳細は、以下の画像をクリック!

プログラミングスクール検索・比較のペン太ブル
スポンサーリンク
PR




PR




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR