NO IMAGE

テックアカデミーのAndroidアプリコース!アプリ開発に受講料以外に料金は必要なの?解説します。

hamburg-5286863_1280.jpg

 

Androidアプリの開発エンジニアとして転職したいな。

 

Androidアプリの開発スキルは、Androidアプリコースを受講すればつきそうだけど、

Android端末とか別途必要じゃない?

 

Androidアプリコースの受講料以外にもお金がかかるじゃないの?

 

と言うわけで今回は、現役のエンジニアである筆者が

「アプリ開発で、Androidアプリコースの受講料以外にお金はかかるのか?」という疑問にお答えしますね。

テックアカデミーのAndroidアプリコースの基本情報

Androidアプリコースは、以下のようなコースです。


テックアカデミーは、メンターの全てが現役のエンジニアであることが大きな話題を呼んでいます。

また、大きなポイントとしては、カリキュラム(教科書)は、期間が終わってしまっても、テックアカデミーが無くならない限りずっと見続けることができます。

よって、ある日突然、「あれどうだったけ?」となっても復習ができるのです。

アプリ開発にAndroidアプリコースの受講料以外にお金はかかるの?

本題です。

Androidアプリ開発にAndroidアプリコースの受講料以外にお金はかかるのか解説します。

結論から言うと、かかります。

Androidアプリ開発で受講料以外にかかるもの


  1. Android端末を購入する費用(必須ではない)
  2. Google Play に登録するための費用($25 USD)

テックアカデミーAndroidアプリコースのゴールは、オリジナルAndroidアプリをGoogle Playで公開することです。公開する場合、最初にGoogle Play にディベロッパー登録が必要です。

よって、受講料以外に、最低限Google Play に登録するための費用「$25 USD」がかかると言えます。

Android端末を購入する金額

すでにAndroidを使っている人は、それを使ってAndroidアプリの開発も可能です。

また、Android端末がなくても、Android Studioのシミュレータを使えば、動作をみることも可能です。

しかし、Android端末がないと十分なテスト(例:GPSを使うようなアプリだと実機がないとテストが難しい)ができないのも事実です。

特にありがちなのが、シミュレータでは動いていたが、端末にアプリをインストールしたら正しく動かないことは良くあります。

よって、動作確認にはAndroid端末は必須と言えます。

転職を考えている人ならば、書類審査のとき、ポートフォリオ(自分のオリジナルのアプリを作成して、アピールすること)を作成して、面接官にアプリを見せることになると思います。その時に端末でちゃんと動かないと、評価がマイナスになってしまいます。

よって、Andoroid端末を用意するべきです。

Android端末の購入方法

Android端末は、購入のために外出しなくてもAmazonで買うことができます。

お金を出すほどスペックが高い端末を買うことができますが、ポートフォリオの動作確認だけで使うのであれば、高いスペックは必要ないと思います。

端末の一例をあげます。

2020年10月23日発売

Galaxy A21 SC-42A

スペック表

https://www.nttdocomo.co.jp/product/sc42a/

Galaxyは、比較的シェアがあります。

「Galaxy A21 SC-42A 」は、1万円台で買うことができるので、おすすめと言えます。


Google Playのライセンス

Google Playにアプリを公開するための料金。

料金は、25ドルの1回払いです。

25ドルを支払えば、あとは更新料なしにアプリの公開ができます。

アプリをアップデートし続ければ、以下のことができます。

  1. 一般ユーザーに遊んでもらえる
  2. マネタイズすることにより収入を得ることができる
  3. Google Storeにアップすることにより転職活動の際に面接担当者の評価が高めになる

転職活動の際、アプリをGoogle Playに公開しなくても、apkファイル(アプリを実行できる形式のファイル)を直接渡す、ネット上のどこかにapkファイルを置いておいて、採用担当にダウンロードして貰う方法もあります。

しかし、企業の場合、セキュリティの問題から、apkファイルを直接ダウンロードしてのインストールは敬遠される傾向にあります。

よって、Google Playに公開した方が、面接官もポートフォリオのチェックがし易いと言えます。

よって、Google Playにアプリを公開することをオススメします。

まとめ

今回は、Androidの受講料以外に費用がかかるかどうかの解説をしました。

無料説明会の所要時間はたった15分間!

Andriodアプリコースの受講を迷っていたらまずは、所要時間15分くらいの無料説明会を受けてみましょう。そうすれば、迷いはすぐに消えると思います。

無料説明会は、オンラインの動画のため、いつでもどこでも受けることが可能です。

\まよったらまずは所要時間15分のみ/

講座について行けるか不安があったら無料体験を受けよう

 

私にプログラミングができるのだろうか?

試すことはできないのかな?

そのような場合は、無料体験で確認することが可能です。

無料体験では、一週間、実際にテックアカデミーのカリキュラムを受けることができます。

カリキュラムでは以下のことが可能です。

プログラミング言語Javascriptの課題を受けられる

メンターによるメンタリングを受けられる

テックアカデミーは、申し込み後、教科書を開いてしまうと返金対象になりません。

講座について行けるか不安があったら、無料体験で本当について行けるか確かめることをオススメします。

\講座について行けるか不安?/

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>プログラミングスクール検索・比較表サイト

プログラミングスクール検索・比較表サイト

ワンクリック、さらに詳細に条件を指定してプログラミングスクールの検索ができます。さらに比較表により特徴を細かく比較できる!

CTR IMG