テックアカデミーを使った30代エンジニア転職成功までの道のりとは?転職後から人生を選ぶところも解説

 

30代のエンジニア志望
事務職だけど人間関係で疲れてしまったんだ。今からでも人と少しでも関わる時間を減らせるエンジニアになりたいと思うんだけど間に合うの?

 

このような疑問に現役のエンジニアが回答します。

  • 30代向け、テックアカデミー受講から転職成功までのフロー
  • 転職に成功した後は?

 

テックアカデミーに通う云々の前に30代で転職に成功している人は少なからず存在します。

 

 

30代で「転職できる、できない」だけに答えるとしたら、「転職できる」といえます。

\現役エンジニアにオンラインで気軽にプログラミング学習や転職について相談できる/

テックアカデミー・無料キャリアカウンセリング

 

テックアカデミー入会から転職成功までの道

 

概要

テックアカデミー入会から転職成功までの道のりをのべます。

 

プログラミングに興味を持てるか調べる

エンジニアになる以前に、プログラミングに興味持てるかどうかの不安が出てきます。エンジニアになると1日8時間以上は、プログラミングに向き合うことになります。

よって、興味がないと辛い仕事になってしまいます。

 

無料体験なら一週間、プログラミング体験が可能です。

わからないところが出てきたら、テックアカデミーの講座と同じようにメンターに質問できます。

 

テックアカデミーを利用しなかったとしても、無料でスキルは身に付けられるのでお得と言えます。

 

\一週間もプログラミング、メンタリング体験ができる!/

悩むくらいなら無料体験してみよう!テックアカデミーはこちら!

 

無料カウンセリングを受ける

無料カウンセリングで、自分にあう講座などメンターに相談します。

自分に合わない講座を受講してしまうと、返金されないので、いきなり申し込むのではなく、カウンセリングでメンターと話すと失敗する可能性が減ります。

納得できたら入会します。

 

スキルを身につける

やりたい分野が決まったら、必要なスキル(プログラミング言語など)を身に付けていきます。

独学で勉強すると、わからないところがでてきたとき挫折率90%と言われています。

 

スキルを身に付ける部分では、テックアカデミーのカリキュラムがもっとも役立つ部分です。

 

勉強中、わからないところが出てきたらばメンターに質問できます。

その結果、モチベーションの維持、挫折防止につながります。

 

高いお金を払っているので、質問しないと損です。

受講期間中は、メンターを使い倒すつもりで勉強していきましょう。

 

ポートフォリオを作成する

自分オリジナルのポートフォリオを作成します。

 

テックアカデミーのカリキュラムの最後の方に、オリジナルアプリ(ポートフォリオ)の製作という課題があります。

転職保証コースの場合

転職保証コースのオリジナルアプリの開発は、課題で作ったWebシステムに自らが提案した機能を追加するものです。完全オリジナルのポートフォリオでないので、自社開発企業に行きたい場合は、自分で新たにポートフォリオを作ったほうが良いです。

 

メンターが、ポートフォリオづくりのサポートしてくれるので、自分よがりでは無い、質のよいポートフォリオの製作ができる期待を持てます。

 

そのおかげで転職活動を開始する際には、質のよいポートフォリオがある状態でスタートできます。

 

ただし30代であるので、他の人より良いポートフォリオを作る必要があります。

 

良いポートフォリオの例としては、

ウェブアプリの場合はHerokuを使うのではなくAWSGCPを使ったサーバー構成にする。サーバーを動かすものとしてApacheNginxで運用する。自動デプロイCircleCIを利用するなどして差をつけるなど、カリキュラム以外の技術も取り入れるなどの工夫が必要です。

 

ポートフォリオについては、以下の記事にまとめたので興味ある方は読んでみてください。

テックアカデミーから自社開発に転職するには、ポートフォリオはどこまで作り込めば良いの?

 

転職活動開始

転職のための求人情報をあつめたり、面接対策をします。

 

テックアカデミーには、転職サポートがあります。

転職サポートを利用すると、学習状況、プロフィールから求人が届くようになります。求人は「未経験OK」なところしかないため、自分で1から開始するよりは、楽に進められるといえます。

 

ただし30代ではあるので、テックアカデミーを利用したとしても20代に比べて楽になるわけではありません。

 

よって、テックアカデミーを使うのだけではなく他の転職サイトに登録するなどしてできるだけ多くの企業をうけましょう。

サービス名
公開の求人数 5,000件以上 ITエンジニア全体で35695件
ITエンジニア未経験で4000件
ITエンジニア全体で1万件以上
ITエンジニア未経験で600件以上
2500件以上
利用対象 IT特化 全職種 全職種 ゲーム特化
特徴 ✓IT専門のエージェントが対応
✓転職成功すると年収200万円以上の大幅アップがある
✓転職エージェントが伴走
✓求人数が多い
✓誰もが知る転職サービス
✓経歴を登録しておくとオファーが来る
✓ゲーム転職に強い
✓有名ゲーム会社との取引が多い
公式サイト レバテックキャリア リクルートエージェント リクナビネクスト シリコンスタジオ

 

企業に応募する

ポートフォリオも完成したのでいよいよ企業に応募して行きます。

 

30代で転職するために必要なこと

 

30代で転職するために必要なことを挙げていきます。

 

  • お金よりも実務経験を得ることを優先させる
    • 給料は下がっても実務経験を得ることに集中する
    • 給料は月収で200,000円前後になることが多い。
    • 実力をつけない限りは、より良い環境で仕事ができない
    • 実力をつけていけば給料は上がっていくものなので我慢が必要。
  • スキルを身につけることに全精力を向ける
  • 福利厚生の充実は二の次
  • 50社受けてだめなら51社目を受ける覚悟で
  • 転職に成功しても勉強をし続けること

 

 

自社開発企業を諦める必要がない

 

自社開発企業の志望者で、仕方なくSESに行く人がいます。

自社開発は、人気があるため内定を取るのは、それなり難易度があります。

 

しかし、30代の未経験で自社開発会社にできた例はたくさんあります。

よって、諦める必要はないです。

 

 

比較的内定を取りやすいところは?

比較的内定を取りやすいところを2点ほど上げます。

 

■職歴が活かせるところ

例えばあなたが看護師だったとします。その場合、電子カルテなどの医療関係のシステムの仕事であれば看護師の経験が役立ちます。

その結果、プログラミングのスキルが弱かったとしても、他の候補者と十分に戦えます。その理由はプログラミングは1人で勉強できますが、業務知識については実際に経験しないと身に付けることができません。その結果、医療システムでは、看護師の経験が非常に役立つのです。

 

 

■マネージメント経験、リーダー経験がある

マネージャー職、リーダー職をやったことなのであればアピールしましょう。エンジニアの世界ではプロジェクトマネージャーをできる人が意外に少ないです。

私が所属している開発チームに非エンジニアがマネージャーとしてがアサインされることがありました。そのマネージャーはアサインされてから頑張ってプログラミングの勉強をしていました。その理由は開発メンバーと話を理解するためです。

 

マネージメントを武器に転職できた場合のデメリットは、プロジェクトマネージャーになることが前提になるため、自身がプログラミングする機会がほとんど無くなります。

 

管理職には、クラウドソーシングなど使って、休日などで副業としてプログラミングをやっている人もいます。

 

 

内定が取れなかったらフリーランスとして実績作りも手段

 

フリーランスとして実績作り

SES含めて、何社受けても内定が出なかったら、いったん、フリーランスになる方法があります。

 

理由は、フリーランスの仕事の方が案件(仕事)を取りやすく実務経験になるからです。

転職より、案件が取りやすい理由は、発注する側からしたら仕事をした分だけお金を払えば良いからです。

 

回答者
企業からしてみたら正社員を雇うのはものすごくリスクだったりするのです。
プログラミングができなくても、給料を払い続けなくてはいけないし、簡単に解雇できないです。
よって、正社員じゃなくてもできるような仕事は、フリーランスに出す傾向があるのです。

 

クラウドソーシングを利用すれば、単価は安くなりますが、未経験でも挑戦できる案件があります。

 

出典:クラウドワークスの案件例

HTML、CSS、Javascriptなどの仕事は未経験であっても案件があるのでそれに挑戦して実務経験を積んでいきます。

 

ある程度、案件こなしたら、実績を元に転職活動を再開します。

 

 

フリーランスは、現在の仕事を続けながら副業として活動が可能です。それならば空いた時間で活動できますし、収入面も安心です。

 

いきなりフリーランスが不安なら副業コースで案件をこなすことも

テックアカデミーには、副業コースが存在します。

副業コースの特徴は、プログラミングを学ぶだけで無く、実際の案件をメンターと一緒に取り組むことができます。

 

その結果、実務経験を積むことも可能になるのです。

1人で案件をこなすことに不安があるのであれば、副業コースも検討します。

 

転職成功!実務経験を積む期間

ついに転職に成功しました。

ここからがエンジニアとしての本当のスタートです。

 

案件(業務)をこなす

まずは与えられた仕事を一生懸命がんばりましょう。

 

わからないとか出てきたら、先輩に聞くのではなく自分で解決しようとします。

 

実務に就いたら以下の意識で進めていきます

・自分で問題解決する

・業務内容(仕様面)でわからなくなったら先輩に質問する

・とにかく勉強してスキルを付ける

・あきらめない(一人前になるまでに3年ほどかかる)

 

 

 

転職後もテックアカデミーで学んだことが役立ちます。

アカデミーで学んだ技術はもちろんのこと、現役のメンターから検索方法などいろいろ学んだかと思います。これらが実業務に役立つのです。

 

経験者になると30代でも40代後半でも転職できる。

30代であっても経験者になれば、エンジニア職の転職がしやすくなります。

 

過去、採用をやっているとき40代後半のエンジニアを採用しようとしたら、他の会社に取られてしまった。

そのような経緯から、実務経験があることは、年齢が上がっても強みになります。

 

その後・人生を選択する

 

 

3年ほど、一生懸命に経験を積むと、自分でエンジニアとしての人生を選べるようになります。

自由に働けるようになると、上のような自然にハンモックがあるような場所で働くことも可能です。

 

例としては以下のような感じです。

 

 

  • 独立する or 高単価を狙えるフリーランスになる
  • 会社員を続ける
  • 同じように悩んでいる人をアドバイスしたりする
  • リモートワークに切り替えて自由に働く

 

 

筆者は、会社員を続ける道を選びましたが、新しいスキルを学ぶ機会があり、仕事内容は面白いので、しばらく続けることになるでしょう。

(無料で)スキルアップの環境があるのは、エンジニアとして大きいと思います。

最終的には、自由に生きることができるフリーランスになれればと思います。

 

 

まとめ

以上、テックアカデミーのメリット、テックアカデミーを活用した30代の転職のフローを示しました。

安定した職に就いて生きていくならば、エンジニアという職業は良いと選択と思います。

 

経験者になれば、以下のように年収1000万円以上で働くことも可能なので、テックアカデミーに支払ったお金も取り戻すことができます。

 

出典:レバテックキャリアの求人検索

 

ここまで読んでくれた方は、次にどうすれば良いかと言うと、以下の2つです

・プログラミング無料体験を受けて、プログラミングに興味があるか調べる。

・無料カウンセリングを受けて、どうしたら転職できるのか相談してみる。

 

迷っている時間がもったいないです。

行動あるのみです!

 

30代であっても転職に成功している人はいます!

 

\一週間もプログラミング、メンタリング体験ができる!/

悩むくらいなら無料体験してみよう!テックアカデミーはこちら!

\現役エンジニアにオンラインで気軽にプログラミング学習や転職について相談できる/

テックアカデミー・無料キャリアカウンセリング

 

最新情報をチェックしよう!
>プログラミングスクール検索・比較表サイト

プログラミングスクール検索・比較表サイト

ワンクリック、さらに詳細に条件を指定してプログラミングスクールの検索ができます。さらに比較表により特徴を細かく比較できる!

CTR IMG