テックアカデミーの無料体験でプログラミングに興味が持てるか確かめよう!

エンジニア転職に興味がある。

テックアカデミーに行こうとしているけど、プログラミングに興味は必要なの?

そのような疑問に、採用担当もこなす、現役のエンジニアが回答します。

 

エンジニアになるのにプログラミングに興味は必要なの?
必要です。興味がないと挫折しやすいです。興味があるかどうか見極めるオススメな方法がテックアカデミーの無料体験です

 

\一週間もプログラミング、メンタリング体験ができる!/

悩むくらいなら無料体験してみよう!テックアカデミーはこちら!

 

何故プログラミングの興味を見極める必要があるの?

エンジニアになるのに最も重要なことは、プログラミングに対する興味・好奇心です。

 

エンジニアに転職、もしくはフリーランスになると、1日8時間はプログラミングと向き合うことになります。

 

プログラミングは、エラーが多発するなど、うまくいかないことがほとんどです。

1日8時間以上もエラーで悩まされることもあるため、萎えることも多々あります。

 

さらに、技術の移り変わりが激しいため、技術のキャッチアップもする必要が出てきます。

 

エンジニアは、実力がついてくると年収1000万円を超えてくることがありますが、大変なこともたくさんあります。

 

そんなときに手助けになるのが、プログラミングに対する興味・好奇心です。

 

筆者も多発するエラーに悩まされ、投げ出したいと思うことが多々ありました。

しかし、制作物が徐々に出来上がる過程を見るのが好き(好奇心)だったため、エンジニアとして15年以上続けることができたと思います。

 

興味・好奇心ありなしはポートフォリオにも影響する

筆者は、自社開発会社でWEB開発をしながら、採用担当もしています。

 

プログラミングに対する興味・好奇心は、転職活動で作成するポートフォリオにも影響します。

 

好奇心があると感じるポートフォリオ

好奇心がある人は、ポートフォリオにプログラミングスクールで学ぶものだけでなく、独自に学んだ技術も取り入れて制作しています。さらに、作って終わりではなく、親や友達に使ってもらってフィードバックをもらっているケースもあります。その結果、質の高いポートフォリオができます。

採用する側からしても、好奇心が高い人を採用したいと思っています。

 

好奇心がないと感じるポートフォリオ

一方で好奇心が感じられないポートフォリオも存在します。

よく見かけるケースとしては、参考書に載っているサンプルコード(掲示板のようなコード)をコピーしたようなサイトです。

見た目も雑な印象になっているのが特徴です。

 

以上のことから、プログラミングに興味が持てるか見極める必要があるのです。

 

まずは、無料体験でプラグラミングに興味あるか見極めよう!

\一週間もプログラミング、メンタリング体験ができる!/

悩むくらいなら無料体験してみよう!テックアカデミーはこちら!

 

プログラミングに興味がわかなければやめるべき?

プログラミングに興味がわかなければやめるべき?
筆者の意見としては、”一旦”は、距離をおいたほうが良いと思います。

 

その理由は、興味がわかないうちは、勉強を続けても身が入らないからです。

 

しかし、筆者の体験上、最初のうちは興味がわかなくても、後から興味が湧いてくるケースがあります。

 

筆者は、大学でプログラミングを勉強することになります。学んだプログラミング言語はC言語です。

筆者もプログラミングの学びたての頃は、全く興味を持てませんでした。

 

大学で出る課題は、誰かが書いたものを丸コピーで提出していました。その結果、単位だけは取ることができていたのです。

 

C言語にはポインターという概念があるのですが、理解ができず、挫折していた時期もありました。

 

半年後、プログラミングを使って絵を書く体験をしてから、面白いと思うようになりました。

その後は、1日8時間プログラミングをしていても苦にならないようになりました。

 

このことから、最初は興味がなかったとしても、何かがきっかけで興味を持ち始めることがあります。

 

\一週間もプログラミング、メンタリング体験ができる!/

悩むくらいなら無料体験してみよう!テックアカデミーはこちら!

 

なんでテックアカデミーの無料体験がオススメなの?3つの理由

その1:無料でプログラミングを受講できる

本格的に学ぶかどうかわからないものに1円も無駄にしたくないですよね。

プログラミングをちゃんと勉強するには本を買ったりする必要があるのですが、その場合は、少なからずお金が発生します。

 

テックアカデミーのプログラミング体験は、一週間無料で学ぶことができます。

もしプログラミングに興味が持てなかったとしても、1円もお金は無駄になりません。

 

学べる言語は、HTML,CSS,JavaScriptになります。

\一週間もプログラミング、メンタリング体験ができる!/

悩むくらいなら無料体験してみよう!テックアカデミーはこちら!

 

その2:わからなくなったらメンターに質問できるから挫折しない

プログラミングは、わからないところが出てきたときに挫折しやすいと言われています。

独学の場合は、90%は挫折してやめてしまうようです。

 

わからないところが出てきたら、メンターに質問することで、解決できます。

その結果、挫折しづらい環境と言えます。

 

また、しつこい勧誘も無いようです。

回答者
プログラミングスクールは、炎上しやすいです。
もしも、しつこい勧誘をやっていたら、○○スクールのように炎上しているでしょう。

 

 

その3:最適な講座をメンターと一緒に決めることができる

体験をしていく中で、テックアカデミーの講座に興味を持ったとします。

テックアカデミーは、30個以上と講座が多く、自分に最適な講座がわからないことが多いです。

 

そんなときに、メンターに相談すると、最適な講座を一緒に考えてくれます。

その結果、受講開始後に「こんなはずじゃなかった」を未然に防ぐことができます。

 

まとめ

以上、「エンジニアになるには、プログラミングそのものに興味が持てるか見極める必要がある」というお話をしました。

プログラミングの無料体験ならばお金がかからずに、見極めることができます。

 

悩んでいたらその時間がもったいないです!

まずは、無料体験を試してみましょう!

\一週間もプログラミング、メンタリング体験ができる!/

悩むくらいなら無料体験してみよう!テックアカデミーはこちら!

 

最新情報をチェックしよう!
>プログラミングスクール検索・比較表サイト

プログラミングスクール検索・比較表サイト

ワンクリック、さらに詳細に条件を指定してプログラミングスクールの検索ができます。さらに比較表により特徴を細かく比較できる!

CTR IMG