kaggleでも使われるwandb(Weights & Biases)とは?使ってみた感想は【結論、使いやすさで感動した】

kaggleのコンペに挑戦していたら「wandb」という単語が気になり、使ってみました。

その結果、wandbがものすごく役に立ちました!

この記事では、使ってみた感想、wandbの使用方法について解説します。

 

wandb(Weights & Biases)とは何?

wandbとは、モデルのログ管理・可視化ツールキットです。

数行のコードで、システム情報、モデルの構造、lossの値などのログを可視化(グラフ化)できて大変便利なツールです。

可視化された情報は、WEBの管理画面で確認することができます。

 

対応しているフレームワークは、TensorFlow、Keras、PyTorch、Sklearnです。

 

使ってみた感想は感動した!

使ってみた感想は以下の通りです。

 

  • matplotなどで処理を書かなくても訓練のloss情報をグラフで見ることができる。
  • wandbは、学習目的であれば無料で使うことができる。
  • もちろんkaggleで利用する際も、無料で使うことができます。
  • 訓練時のパラメータも保存できる。

 

その結果、kaggleで役立ちますし、kaggle以外の用途で利用するときも大変便利です。

 

kaggleでの使用例は、以下のカーネルが参考になるので、kaggleで使ってみたい人は参考にしてみてください。

Explore and run machine learning code with Kaggle Notebooks …

 

kaggleのコンペで使用するときの注意点

wandbは、kaggleのコンペでも利用できます。

しかし、wandbのログはインターネットを介して送ります。

その結果、インターネットをOFFにして推論結果を提出(submit)しなければ行けないコンペでは、利用できないので注意が必要です。

 

wandbを利用する際は、以下のようなnotebookがそれぞれ作成されることになります。

・訓練時はインターネットをONにしてモデルを作成。その際にwandbを使用する

・推論時(モデルは、予め訓練したモデルを利用する)は、wandbを使用しない

 

wandbの利用方法

wandbの利用には、wandbへのアカウント登録が必要です。

まずは、登録方法を解説したあとに、wandbの利用例を解説します。

 

wandbに登録する

アカウント作成は、5分くらいでできるので、すぐにwandbの利用ができます。

 

手順:

  1. wandbのページに行きます
  2. Sign upのページに移動します
  3. GitHub、Googleアカウントを選択、もしくは登録するメールアドレス、パスワードを入力して「SIGN UP」ボタンを押す
  4. ログイン後、「Settings -> API keys」の手順で「API keys」を控えておきます。

以上で登録は修了です。

 

次は、実際にwandbを使ってみます。

 

実際にwandbを使ってみる

実際にwandbをpythonから呼び出して使ってみます。

簡単なサンプルコードとしては以下の通りになります。

 

 

その結果、管理画面で以下のような結果を確認できます。

 

上記は、モデルのレイヤーの構造

 

まとめ

以上、wandbについて解説しました。

wandbは、簡単に導入できます。

wandbは、kaggleのコンペだけでなく、機械学習のあらゆるタスクで便利に利用できます。

 

これまで可視化が面倒でやらなかった人も、一度試してみてはいかがだろうか?

 

最新情報をチェックしよう!
>プログラミングスクール検索・比較表サイト

プログラミングスクール検索・比較表サイト

ワンクリック、さらに詳細に条件を指定してプログラミングスクールの検索ができます。さらに比較表により特徴を細かく比較できる!

CTR IMG