DMM WEBCAMPのメンターにはデメリットはあるの?【考察しました】

WEBCAMP検討中のあなた
DMM WEBCAMPのメンターは、どんな感じ?
一般的に、以下のようなデメリットがあるのでは?と気になっています。
5つのデメリットの候補
メンターの人数が少ないことがある
経験やスキルのバラツキがある
当たり外れがある(メンターの教育・指導スキルの不足)
タイムゾーンの制約
フィードバックの一貫性がないことがある

一般的に、上記のようなデメリットがあると思ってしまいますよね。

でも、安心してください!DMM WEBCAMPのメンタリング満足度が、以下の資料から95.11%あり、たいへん評判が良いことがわかります。

満足度が良いことはわかったけど、一方で、上記のようなデメリットも気になってしまうこともあると思います。

かんたん結論

そこで筆者は、一般的にメンターに対するデメリットが、DMM WEBCAMPのメンターに当てはまるか調査しました。その結果、以下のようになりました。

一般的なデメリットの候補 DMM WEBCAMPに当てはまるかどうか
メンターの人数が少ないことがある 当てはまる
経験やスキルのバラツキがある 当てはまらない
当たり外れがある(メンターの教育・指導スキルの不足) 当てはまる
タイムゾーンの制約 当てはまる
フィードバックの一貫性がないことがある 当てはまらない

調査の結果、DMM WEBCAMPのメンターにも、デメリットが当てはまるものがありました。デメリットの中には「当たり外れがある(メンターの教育・指導スキルの不足)」などありますが、対策(詳細は記事内で解説)はあります。

このようなメンターの評判もあるため、デメリットはあるものの些細なもの(他のプログラミングスクールもあるもの)です。

このページでは、以下の目次の内容について解説します。

 

DMM WEBCAMPのメンターにデメリットは存在する?5つのポイントで考察

筆者が悩み解説
ここから、一般的なプログラミングスクールにあるメンターのデメリットについて解説するよ

一般的にプログラミングスクールのメンター(講師)には、こんなデメリットも存在します。
ChatGPTを活用して調べてみました。

Q:
プログラミングスクールのメンター(講師)には、どんなデメリットがありますか?

A:
デメリットになりそうなものは以下のとおりです。
・メンターの人数が少ないことがある
・経験やスキルのバラツキがある
・当たり外れがある(メンターの教育・指導スキルの不足)
・タイムゾーンの制約
・フィードバックの一貫性がないことがある

DMM WEBCAMPのメンターは、上記の質問についてどのくらい当てはまるのか考察してみました。

その結果は以下のとおりでした。

デメリットの候補 当てはまるかどうか
メンターの人数が少ないことがある 当てはまる
経験やスキルのバラツキがある 当てはまらない
当たり外れがある(メンターの教育・指導スキルの不足) 当てはまる
タイムゾーンの制約 当てはまる
フィードバックの一貫性がないことがある 当てはまらない

なぜ上記のような結果になったのか、解説していきます。

①メンターの人数が少ないことがある【当てはまる】

DMM WEBCAMPのメンターは、フリーランスや副業の人が多数います。メンターは、複数の仕事を抱えているため、時期的な要因で、メンターの人数が少なくなることが考えられます。
また、質問が殺到したら、その分、回答に時間がかかります。
その結果、若干の課題提出後のフィードバックに遅れ、質問の回答がすぐに来ないケースが考えられます。

筆者
実務でも、質問しても回答が来ないなどよく有ります。
できるだけ早めに課題提出、質問をして、待っている間にカリキュラムを進めるなどの対策をするのが吉です。

②経験やスキルのバラツキがある【当てはまらない】

どのスクールにも言えることですが、メンターには個人差があり、経験やスキルのレベルが異なることがあります。
そのため、メンターによって提供されるサポートの質が一定でない場合があります。

しかし、DMM WEBCAMPは、現役のエンジニアのみを採用していて、審査も厳しいです。

引用:DMM WEBCAMPのメンター紹介

筆者
メンターはかなり厳選されていることがわかりますね。厳選されている理由は、生徒さんがより転職成功してほしいからでしょう!

 

そのことから、DMM WEBCAMPは、メンターの経験不足やスキルのばらつきはありません!

③当たり外れがある(メンターの教育・指導スキルの不足)【当てはまる】

プログラミングスキルがあるからといって、必ずしも優れた教育者や指導者であるとは限りません。これは、どのスクールにおいても同じです。
DMM WEBCAMPは厳選していますが、100人メンターがいたら、少なくとも1人くらは、教えるスキルやコミュニケーション能力に欠けるメンターがいる可能性はあります。

その結果、DMM WEBCAMPは厳選しているとはいえ、「当たり外れがある」は当てはまると考えました

もし、自分に合わないメンターがいたら、運営に相談して、変えてもらうなどの対応をしたほうが良いです。

とはいうものの、以下のような「生徒に親身になっているような」ポジティブな評判がたくさんあります。

筆者
このあと紹介する評判見る限りでは、わかるまでメンターがガッツリ面倒見てくれるので、「当たり外れがある」は心配しなくて良さそうです!

④タイムゾーンの制約【当てはまる】

メンターには、質問できる時間が決まっています。

日々の学習支援として13時〜22時(休校日を除く)に常駐の講師が素早く回答するビデオチャットをご用意しています。
引用:公式サイトより

日本時間の22時以降は、質問できません。
一時的に海外にいて時差があると、時差の問題が発生します。
また、生徒の質問や課題レビューの件数が多ければ、それだけ、待ち時間が発生します。
ここでも言えることは、待ち時間は、他にできることを進める対処が必要になります。

⑤フィードバックの一貫性がないことがある【当てはまらない】

スクールによっては、異なるメンターからのフィードバックがバラバラで一貫性がない場合、生徒が混乱したり、成長が妨げられることがあるようです。

しかし、DMM WEBCAMPについては、カリキュラムが決まっています。
カリキュラムにそって、メンターがサポートすることになるため、質問内容も一緒になると考えられます。その結果、フィードバックの内容は、一貫性があるとしました。

 

一番確実な情報をゲットする方法は無料カウンセリングです!

これまでの情報から、DMM WEBCAMPのメンターにも、デメリットがあります。

その分、DMM WEBCAMPのメンタリング満足度が、95.11%あり、たいへん評判が良いことがわかります。

どっちが本当なの?

結局のところ、あなたにDMM WEBCAMPが合うかどうかは、実際に確認してみないと分かりません。

合うかどうか確かめる一番確実な方法が、無料カウンセリングに参加することです。

無料カウンセリングは、DMM WEBCAMPのコースの説明だけで無く、IT業界のこと、転職で気になっていることをプロのカウンセラーに相談できるのでおすすめです。

年齢が上がるごとに転職成功の難易度が上がるので、気になったらすぐに行動するのがポイントです!

\同期と交流できるから成功までやる気が継続する/DMM WEBCAMP転職特化コース
無料カウンセリングを申し込む

教育給付金制度の講座あり!
受講後、料金が最大70%戻ってくる(限度56万円)

 

最新情報をチェックしよう!
>プログラミングスクール検索・比較表サイト

プログラミングスクール検索・比較表サイト

ワンクリック、さらに詳細に条件を指定してプログラミングスクールの検索ができます。さらに比較表により特徴を細かく比較できる!

CTR IMG