DMM WEBCAMP卒業生のSES転職率とは?【SESへの転職は、本当に避けるべき?】

悩みあり
DMM WEBCAMPが紹介する転職先は、SESばかりってことは無いよね?

このような疑問に、自社開発、受託開発、SES(System Engineer Service)会社の全てを経験した歴20年の現役のエンジニアが回答します

かんたん結論

DMM WEBCAMPから転職できる会社の割合は、自社開発 3割、受託開発会社 4割、SES 3割という割合です。
また、SESは悪者扱いされることがありますが、「未経験から挑戦できる」など良い面があります
詳細は、本記事の中で述べていきます。
筆者
少なくとも紹介される企業がSESばかりでは無いことが分かりますね!
また、筆者の体験から「SESは避けるべき」にはなりません。
そもそもSESとは何?
「SES」は「System Engineer Service」の略で、IT企業が顧客企業のシステム開発や保守などの業務を請け負うサービスのことを指します。一般的には、あなたがSESサービスの会社に入社すると、数カ月間の研修を受けます。その後、お客さん先に派遣されてITサービスの業務に携わることになります。

 

この記事では、以下の目次の内容について解説します。

 

DMM WEBCAMPから転職できる会社はどんなところ?SESばかりではない!

Q
転職先の企業はどんな特徴がありますか?

A
IT業界での開発職が中心です。
尚事業形態については、SES3割/受託開発4割/事業会社3割ほどと各事業形態まんべんなくご紹介しております。
SES=悪で、事業会社=善ではございませんので生徒様のご希望や適正、将来なりたい姿を最大限考慮しミスマッチなくご紹介をしております。
引用:DMM WEBCAMPよくある質問より

DMM WEBCAMP公式サイトより、DMM WEBCAMPから転職できる会社の割合は、以下のとおりです。

  • 自社開発会社 3割
  • 受託開発会社 4割
  • SES会社 3割

2023年5月6日時点では「受託開発会社」会社が多いことがわかりました。少なくともSES企業ばかりでは無いことがわかります。

DMM WEBCAMPの公式によると、以下のような企業への転職実績があります。

出典:DMM WEBCAMP エンジニア転職より

図を見る限り、DMM、クラウドワークスなど有名な企業(自社開発)がたくさんあります

DMM WEBCAMPから転職実績がある会社は、自社で一般ユーザー向けのサービスを作っている会社(自社開発企業)です。売れているサービスの開発業務に入ることができれば、年収も高くなるので夢がありますね。

以下のツイートから、DMM WEBCAMP生の熱量が高いことがわかります

 

生徒の熱量から、クラウドワークスのような有名な企業に転職できるのも、エンジニア採用担当の経験がある筆者がみても納得です

DMM WEBCAMP生の転職先は、DMM、クラウドワークスと言った企業が多い!本当なの?確かめてみよう!

>> DMM WEBCAMP転職コースの無料体験はこちらから

 

そもそもDMM WEBCAMPからSESにはどんな状況で行くことになるの?

そもそもDMM WEBCAMPからSESにはどんな状況で行くことになるのか解説します。

①:自社開発や受託開発会社の紹介が無い

時期要因、年齢などの理由で自社開発の求人が少ないことがあります。
その結果、SESの求人を紹介されることがあります。なお、このあと詳細を書きますが、SESだからといって何もかも悪いわけではありません。

②:自社開発のなかにあなたのやりたい仕事内容がなかったケース

自社開発であっても、あなたのとって興味が無い仕事であることもありえます。
たとえば、あなたがWEB系のシステムをやりたくても、紹介できる仕事が医療システムなどの業務系しかなかったとき。
そのようなときは、WEB系のお仕事に携われるSESの選択がでてきます。

③:自らSES企業への転職望むケース

いろんな業種(医療システム、ゲームシステムなど)のプロジェクトにたずさわりたいケース。
SESでは、いろんな会社で仕事することになります。
ということは、いろんな業種で、さまざまな技術に触れる機会になります。幅広い技術の経験を持つことで、スキルが付いてきます。その結果、経験者として転職しやすくなったり、フリーランスとして仕事を得やすくなります。

 

SESに行くことは不幸ではない!

筆者
SESに行くことは、不幸ではありません!

まずは、SESに転職を決めた卒業生の例を見てみましょう。

 

少なくとも「SESだ・・・orz」というようなネガティブなもので無くて、これから頑張ろうとしていることが分かりますね。

>DMM WEBCAMP・今すぐ無料でカウンセリングを受ける!

なぜそのようなことが言えるのか、後述する「筆者のSES開発の体験談【悪いことばかりではない!】」で解説します。

 

どうしても自社開発に行きたい人は、自社製品を出しているSESに行く方法もある

SESの会社によっては、自社で製品、サービスを出しているケースもあります。

その結果、SESに入社しても自社案件にたずさわることも可能です。

私が過去に経験したSES形態の会社では、自社製品を作っていました。
数ヶ月の研修の中で、自社製品を作る機会が生まれました。その結果、研修が実務経験に生きるのでした。

そのように、SESでも自社開発に携われるケースもあるので、悲観する必要は無いです。

>DMM WEBCAMP・今すぐ無料でカウンセリングを受ける!

 

筆者のSES開発の体験談【悪いことばかりではない!】

ここでは筆者のSESの体験談を述べていきます。SESは、いまいちなこともありましたが、良いこともたくさんありました。

よかったこと

  • 人間関係が微妙になってもすぐに抜けられる
  • 未経験からでも転職入社しやすい
  • いろいろなスキルを身につけられる

イマイチだったこと

  • 作業環境は、お客さん次第
  • 仕事内容によっては開発のスキルがつかない

よかったこと

人間関係が微妙になってもすぐに抜けられる

SESはプロジェクト単位でお客さん先に行きます。

筆者の場合は、1プロジェクトあたり、3ヶ月~1年くらいが多かったです。

その結果、現場の業務環境が悪かったとしても、比較的すぐに逃げられる環境でした。

1つの環境にずっと居たくない人は、SESの業務体系の方が合っているかもしれません。

未経験からでも転職入社しやすい

SES会社は、「プログラミング未経験」であっても比較的入社しやすいです。

その理由は、人をたくさんお客さん先に送り込むほど利益が増えるためです。

SES会社は、業務未経験でエンジニアとして入社すると、研修を受けることになります。研修で、プログラミングスキルなど学んだら、お客さん先に行くことになります。

筆者
エンジニア経験者は、よほどの理由がない限りは、SESへの転職を嫌がります。そのような理由もあって、SESは未経験から挑戦しやすいのです。

いろいろなスキルを身につけられる

受託開発と同じ内容になりますが、SESでも幅広くスキルを身に付けることができます。また、さまざまな業務を経験することができます。

その結果、フリーランスになったとき(特に客先常駐型の案件)に、自分で仕事を選べるようになります。

エンジニアの入り口としては、SESから始めて、たくさんのことを吸収してから、自分がやりたい分野に進むのも良いかもしれません。

エンジニアに挑戦してみない!?

>> DMM WEBCAMP転職コースの無料体験はこちらから

 

イマイチだったこと

作業環境は、お客さん次第

業務環境の善し悪しは、完全にお客さん先によります。

良いところだと、1人で作業ができるまでは面倒を見てくれるところもありますが、あまり良くないところだとドキュメントだけ渡されて「これやっておいてね」で終わるケースもあります。

また、残業が全くない環境もあれば、残業が多いところもあります。

こればかりは、お客さん次第になります。

仕事内容によっては開発のスキルがつかない【対策あり】

開発業務でないものを依頼されることもあります。

たとえば、以下のものが代表例です。

  • システムのテスト
  • コールセンター業務
  • サーバーの監視

 

尚、システムのテスト業務については、テストをしながらでも開発スキルを身に付ける方法を解説したので、興味ある人は読んでみてください。

 

また、「コールセンター業務」でお客さんの要望をたくさん聞くことにより、システム開発の最上流工程の「要件定義」に強いエンジニア(月収 100万円以上)になった方もいるので、「コールセンター業務」は、後から役立つことは十分あります。

もし、開発スキルが付かない現場に行ってしまったら、SES所属会社の営業に、開発に行けるようプッシュしましょう。

何度もプッシュしても営業が動いてくれなかったら、転職など検討します。

 

最後に
SES会社でプロジェクトマネージャー(もしくはお客さんと交渉する立場)を経験しておくと、フリーランスになったときにお客さんとの交渉で非常に役立ちますよ。だから、SESデメリットばかりではありませんよ。

>> DMM WEBCAMP転職コースの無料体験はこちらから

まとめ:転職の難易度が上がらないうちに無料カウンセリングへ

今回は、SESについて解説しました。

ポイントをもう一度挙げるとDMM WEBCAMPの転職先としては、以下のとおりでした。

  • DMM WEBCAMPの転職先は、自社開発 3割、受託開発会社 4割、SES 3割
  • SES企業は、必ずしも悪ではない!幅広くスキルを身に着けられるから、最終的にフリーランスを検討している人にオススメ

DMM WEBCAMPは、受講料が高いという不評がありますが、以下のようにメンターの熱量、面倒見が良いことで評判です。

エンジニアになるためのプログラミングの勉強は、決して楽ではありませんが、入会後は、親切なメンターが、あなたを転職成功に導くために、一生懸命にサポートしてくれます。

その結果、独学の勉強中にありがちな「エラーが出てわからない!誰にも聞けない。イラ!もうやめた!」を防ぐことができます!

\同期と交流できるから成功までやる気が継続する/
DMM WEBCAMP転職特化コース
今すぐ無料カウンセリングを申し込む

最新情報をチェックしよう!
>プログラミングスクール検索・比較表サイト

プログラミングスクール検索・比較表サイト

ワンクリック、さらに詳細に条件を指定してプログラミングスクールの検索ができます。さらに比較表により特徴を細かく比較できる!

CTR IMG